【朗報】毛細血管拡張症の治し方@赤みのない肌を目指す!

毛細血管拡張症 治し方

毛細血管拡張症を治すには?

 

毛細血管拡張症で悩んでいる人達もいるでしょう。毛細血管拡張症とは分かりやすく言えば「赤ら顔」の事です。女性はメイクで隠そうとしてもメイクではカバーしきれない事もあります。赤ら顔だとお酒を呑んだように見られることや上がっているのかと勘違いされるなど本人は厄介でもありますよね。

 

●どうして赤くなるのか?
ここでどうして毛細血管拡張症によって顔が赤くなるのかご説明していきましょう。毛細血管が拡張すると、血液が毛細血管に集まってしまい、赤く目立ってしまいます。これは渋滞状態と同じだと言えるでしょう。これが毛細血管で起こると、赤く浮き出たようになってしまいます。対策としては血液の流れる量を正常に戻さなくてはなりません。

 

●食習慣で毛細血管拡張症は治せる?
毛細血管拡張症を直したいと思った時、病院で治療を受けることも出来ますが、普段の食習慣で治すことも可能です。例えば香辛料やお酒など血管拡張を促進する刺激物の大量摂取を控えましょう。血管の拡張が続いていると収縮しにくい状態になってしまいます。

 

またマグネシウムやカリウムなどミネラルにも血管拡張効果があります。ミネラルをたくさん含む食品を食べすぎるのも控えた方がいいでしょう。大豆や海藻類、キノコなども挙げられます。もちろんこれは他の大事な栄養素もたくさん含んでいるので、重要なのは過度に気を遣いすぎることなく、特定の食品を食べすぎないようにすることです。

 

●頭を冷やして足を温める
血行が悪いままだと顔に血液がたまってしまい、足が冷えてしまします。このような状態では毛細血管拡張症はひどくなってしまうでしょう。自律神経が不調になってしまい、頭に多くの血液が集中する原因になってしまうこともあります。

 

毛細血管拡張症のレーザー治療はどんなの?

 

毛細血管拡張症だと赤ら顔で悩んでしまいますよね。克服するための方法としてはレーザー治療が挙げられます。赤みのない美しいお肌を目指したい方は、ぜひご参考にしてみてください。

 

●医療レーザーでの治療ってどんなもの?
医療レーザーを使って不要な毛細血管を壊していきます。恐らく毛細血管拡張症に一番高い効果が期待出来るのがクリニックでのレーザー治療でしょう。レーザー治療の中にはシミ消しやほくろ取り、脱毛、美肌ケアなど様々なジャンルがありますが、毛細血管拡張症においても波長レーザーを使うことでコラーゲン生成を促すことが出来ます。メラニン色素も破壊できるので美白効果も期待できます。このようなレーザーを使って必要ない毛細血管を壊していき、赤みの原因を根本的に取り除いていけるのがレーザー治療の魅力です。その仕組みはどうなっているかというと、毛細血管を破壊させるような波長のレーザーを当てるとレーザーの熱エネルギーが血管に伝わり、毛細血管を焼き固めてくれるのです。一見とても効果的な治療法に聞こえますが、もちろん注意点もあります。

 

●レーザー治療の注意点って?
・治療時にチクっとした痛みがある
・自費診療の場合は高額になる
・治療を受けてから日常生活に戻るまでに期間が必要になってくる

 

●コストはどれくらいするの?
レーザー治療のコストについては、一回30000〜50000円かかってくると考えておくといいでしょう。たった一回だけで完治することは出来ず、多くの場合3〜5回の施術を要します。そのためトータルで10〜25万円のコストがかかってきてしまいます。またレーザー治療を受けた後は紫外線を浴びてはいけないことになっています。

 

毛細血管拡張症に効く薬は?副作用ない?

 

まるでりんごのような赤ら顔にコンプレックスを持っている方も多いでしょう。憧れるのはいつでも白い肌。しかし毛細血管拡張症の方はなかなか赤ら顔を簡単には治せないので、なかには手術で治そうとする人もいます。あるいは薬物治療を受ける人もいるでしょう。しかし薬を服用する際は副作用も気になりますよね。毛細血管拡張症を改善するための薬には副作用などないかどうか今回探ってみました。ぜひご参考にしてみてください。

 

●ステロイドがよく使われている
毛細血管拡張症を改善するために病院で処方される薬と言えば、「ステロイド」です。例えば次のようなステロイドがあります
・ロコイド
・キンダベート
・アンテベート
・パルデス軟膏
・リドメックス

 

●ステロイドを使ってもっと赤くなった?これが副作用?
本来毛細血管拡張症を直すために使っていたステロイドが原因で赤ら顔になっていた場合もあります。これはある意味「副作用」と言えるでしょう。ステロイドを塗っていて最初は効き目があったように思えても、しばらく時間がたってくると塗っていてももともとの赤い顔に戻ってきてしまうという事があり得ます。そこでステロイドを塗るのをとりあえずやめてみると、その反動でもっと赤くなってしまうことがあるでしょう。

 

メイクでは隠しきれずつい厚塗りになってしまうという悪循環になってしまうこともあります。要するにお医者さんにとっても赤ら顔の診断が難しいということです。そこで大事になってくるのが、良質なお医者さんの探し方です。医師も毛細血管拡張症を正しく診断するのが難しいので、セカンドオピニオを聞いておくのもいいでしょう。多少お金はかかってしまいますが、他のお医者さんに意見を聞いてみると副作用を避けることが出来るでしょう。安全に毛細血管拡張症を対策していけるのが一番ですね。

 

毛細血管拡張症に化粧水はおすすめ?

 

毛細血管拡張症のせいで顔が赤く、ご自分の肌に自信が持てないという方は多いでしょう。今回はそんな方におすすめの化粧水をご紹介していきます。ぜひご参考にしてみてください。

 

●おすすめの化粧水は保湿力抜群の「メディプラスゲル」
毛細血管拡張症の方におすすめの化粧水の中には、「メディプラスゲル」というのがあります。毛細血管拡張症の場合、赤ら顔に必要なセラミドは3種類です。毛細血管拡張症に不可欠な成分であるセラミドをメディプラスゲルは3種類配合しているのです。オールインワンゲルでもしっかりと必要な成分を肌に補ってくれるので、赤い顔もだんだん目立たなくなってくるでしょう。

 

●66種類の美容成分で美肌が手に入る!
メディプラスゲルのいいところは、美容成分がたくさん含まれているところです。赤い顔にセラミドをはじめとした保湿成分はマストです。メディプラスゲルにはヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタなど保湿成分もたっぷり含まれています。毛細血管拡張症は化粧品ではありませんが、赤ら顔に要する成分が入っているコスメとなります。しかもメディプラスゲルは低刺激性です。肌に不要な添加物は全て除いてあるので安心して使えるでしょう。しかも皮膚科医が管理したアレルギーテストもクリアしているので、安全性はかなり信頼できます。

 

●そもそも赤ら顔になってしまう原因とは?
次のような症状がある人は毛細血管拡張症だと言えるので、上記のような化粧水を利用してみるといいでしょう。
・にきびがある
・乾燥による肌荒れがある
・皮膚が薄い
・皮脂が炎症を起こしている
・ニキビ跡がある
毛細血管拡張症になっている原因がどれかによっても対策は変わってきます。まずは自分がどのような原因で赤ら体質になっているのがご自身でセルフチェックしてみてくださいね。

 

毛細血管拡張症を治すならスキンケアが肝心

 

もしも毛細血管拡張症でお悩みであれば、スキンケア法を変えてみるといいでしょう。細血管拡張症はスキンケア次第で緩和していくことが出来ます。

 

●ビタミンK配合のクリームを使う
化粧水を塗った後はクリームで潤いにフタをするようにクリームを塗っておくといいでしょう。その中でもビタミンKが配合されたクリームを使うのがおすすめです。数多くあるクリームの中でも、毛細血管拡張症に効果的と言われているのが「ビタミンK」を配合したクリームです。どうしてビタミンK入りのクリームがいいのかというと、滞ってしまった血流を改善してくれ、スムーズに血液が流れるようにしてくれるからです。実際に皮膚科で毛細血管拡張症の事を相談してみると、ビタミンK配合のスキンケア化粧品をすすめられることがあります。美容皮膚科を受診しなくても、ネット上でもビタミン配合クリームを入手することが出来るでしょう。

 

●おすすめの化粧水「白漢しろ彩」
白漢しろ彩はプランクトンエキス(海洋性エキス)を含んでいる化粧水で、毛細血管拡張症の方のスキンケアにおすすめでしょう。毛細血管拡張症によって赤らんでしまった顔を集中的にケア・改善していくために作られ、10日間で毛細血管拡張症が改善されたという人もいます。敏感肌の人も使えるように皮膚科医の厳しいチェックも受けているので安心です。ほんの少量でもお肌に馴染んで浸透していくので、コスパが高いと評判にもなっています。

 

●老化防止になるような「抗酸化成分」を摂取するのもいい
スキンケアでアンチエイジングしていくのもいいですが、普段から老化防止になるような抗酸化物質をとりこんでおくのもおすすめです。活性酵素は触れたものを酸化させてしまう老化物質の一つです。実はこの活性酵素は肌だけでなく、毛細血管まで老化させてしまうのです。